メインイメージ画像

ソフトウェアを用いた分析で生産性を向上させる

ビジネスに役立つデータ分析ですが、今までデータの分析は、人間の手で行っていましたが、最近は、人間ではなくソフトウェアに解析させる方法が流行しています。ソフトウェアによる分析ならではの発見が得られることもあり、以前に人間が分析したものでも、ソフトウェアの分析を試すことは有意義です。

ソフトウェアによる分析の価値は、まず速度です。例えば、ソフトウェアを使えば、何万文字もあるアンケート結果のデータを、数秒で解析することができ、出現する単語の頻度をチェックしたり、その人の好みを分析したりすることもできるのです。人間が一つ一つ作業すれば数時間かかっていたものが、ソフトウェアを利用することで、非常に短期間で分析できるようになりました。

また、ソフトウェアによる分析は、分析精度が安定しているのも特長です。人間が分析する時、集中して作業できているかどうかによって、得られる分析結果が変わってきます。しかし、ソフトウェアの場合ですと、データさえ同じなら、毎回同じ分析結果が出ます。ソフトウェアを連続で稼働させても、分析の精度が落ちることはありません。

膨大なデータに対して、均一な分析がしたいという場合は、人間よりソフトウェアの方が分析者として勝っています。

加えて、ソフトウェアの分析は、繰り返しの分析に対応しているのも良い点です。人間の場合、同じデータに対して2回、3回も分析を繰り返すことは、精神的な負担となります。一方、ソフトウェアならば、何度分析しても疲労したりしませんから、命令すれば何度でも分析してくれます。

何に注目して分析をすればよいのか分からず、試行錯誤しながら分析の精度を高めていきたいという場合、ソフトウェアによる分析が最も適しています。

以上のように、ソフトウェアを利用した分析には、様々な優れた点があるわけですが、利用してみると、プログラムの知識が必要になることもあるのです。使いたいけれどスキルが無いという人は、ソフト分析のスキルがある人に、分析依頼を出すのがおすすめです。依頼コストを考慮しても、自分が手動で分析するよりは、コスト節約になる場合がほとんどです。

更新情報